本文へスキップ

石川県金沢市の山田達也司法書士事務所です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.076-268-5360

〒920-0343 石川県金沢市畝田中四丁目1番地11

業務内容


  • 建物と土地の登記
  • 家や土地を買った時に、自分に権利があることを司法書士が、委任を受け代理して「登記」をします。権利が対立したときには、原則、早く登記した者が権利を取得します。
    したがって、不動産を、売買、贈与などで取得した場合には、速やかに登記をされることをお勧めします。この場合は所有権移転登記をします。いわゆる「家の名義を変更する」ことになります。相続については、法定相続分は、登記(相続登記)無くして第三者に対抗できますが、遺産分割協議等で法定相続分を超える持分を取得した相続人は、その部分は、登記(相続登記)が対抗要件となります。つまり、遺産分割協議により無権利者となった相続人からその不動産持分を譲り受けた第三者とは、早く登記したものがその持分を取得するという関係になります。
  • 会社の登記
  • 会社設立をしたときや、取締役等が変わったときなどに、司法書士が委任を受け代理して「登記」をします。これにより、その会社の取締役が誰であるかや、資本金がいくらであるかなどを公示します。そして、会社設立や、増資など、登記をしないと効力がない事項もあります。また、会社の登記は、登記事由が発生したにも関わらず、一定期間内に登記をしなかった場合には、100万円以下の過料を処するとされています。
  • 債務整理(借金の整理)
  • 自己破産、任意整理、個人再生などの方法で、債務整理(借金の整理)をします。
    借金をしている期間が長い方は、グレーゾーン金利を法定金利に引き直すことにより、借金が無くなったり、逆に過払い金として、消費者金融等から、支払ったお金を取り戻せる可能性があります。
  • 債務整理の種類
    任意整理とは
    訴訟、破産又は再生手続きを経ずに、裁判外で、過払金を請求したり、債務を減額交渉をすることです。債務は今後の利息をカットするよう交渉しますが、最近は、利息のカットを認めない債権者も増えています。

    「破産とは」
    財産のすべて(生活に必要な一定程度は所有を認められる)を裁判所の手続きにより債権者に配当しなければなりません。住宅も手放さなければなりません。(この点が再生との大きな違いです。)
    借金の返済が免責されるには、さらに裁判所に免責決定をしてもらう必要があります。この免責決定の条件には、浪費やギャンブルによる借金ではない等があります。

    「個人再生とは」
    破産との違いは、
    1 浪費やギャンブルによる借金でもよい。
    2 原則借金の5分の1は3年かけて返さないといけない。
    3 ローンの残っている住宅は残せる場合がある。
    4 身分証明書に記載されない。
    破産と同じ点は
    官報に住所氏名が載る。
    裁判所での手続きである。
    債務の元本も(全部ではないが)カットされる。
    などです。

    ※これらのほかに特定調停という手続きがあります。



  • 裁判所に提出する書類の作成
  • 裁判所に提出する書類を作成します。離婚調停申立書や遺産分割調停申立書などです。
    たとえば、遺産分割協議をしたいが、相続人の中に未成年がいる場合に、未成年者は遺産分割協議に参加できません。親は自分と利害が対立する場合は、代理できません。その場合、特別代理人を選任し、その者と相続人の間で遺産分割協議を行うことができます。特別代理人は家庭裁判所が選任します。このような場合に、司法書士が特別代理人選任申立書を作成します。



山田達也司法書士事務所山田達也司法書士事務所

〒920-0343
石川県金沢市畝田中四丁目
1番地11
TEL 076-268-5360